プロフィール

外資系IT企業で人材育成の仕事をしています。

もともとコンサルタントとして、ビジネス設計やプロセス改革などを行っていましたが、2004年にコーチングを始め、「人材の能力の最大化」や「人の成長」に関心があり、社内の人材育成の部門に移り、「企業における個人の能力の向上」に取り組んでいます。

一方、個人の幸せにフォーカスしたときに「ワークライフバランス」の重要性を強く感じ、私生活と仕事の両立、幸せな働き方、私生活を犠牲にしないで仕事で成功を手に入れるなどのテーマをいろいろ学ぶとともに、個人に対するパーソナルコーチングの活動も行っています。

2010年に男児を出産し、最近はコーチングを子育てにも活用中。社内・社外のママコミュニティでたまにワークショップもやっています。

成功するオトナ、成長するオトナ(とそうでないオトナ)をたくさん見てきた経験からのコメントに好評いただいています。

【ミッション】

昨今の日本、そして世界の状況に、未来はいったいどうなるのかと不安になることもありますが、未来を担う子供たちがイケているオトナになればいいのだと思い、そんなイケてる未来のオトナをたくさん生み出すことに貢献することがミッション。軸は大きく2つ。

1.イキイキと働く大人が増やすこと

子どもたちが社会や未来に希望を持てるためには今の大人がイキイキとしていなければ。また、親が幸せじゃないと、子どもを伸ばすコミュニケーションをする余裕も持てないだろうということで。

2. 子どもたちの可能性を伸ばすコミュニケーションできる大人を増やすこと

自分でやってみて、子育てにコーチングは本当に役立つなと実感してます。多くのお父さんお母さん、その他子どもと接する人にぜひ活用してほしいです。